18.04.2017

基礎化粧品とオールインワンジェルを比較しました。

posted by goigj4qgag

in
基礎化粧品とオールインワンジェルを比較しました。 はコメントを受け付けていません。

効果はあるの? 基礎化粧品とオールインワンジェルを比較

最近になって人気が急上昇したオールインワンジェルですが本当に効果があるのかよく分かっていないのが現状です。使用している人の口コミの多くは「効果が実感できる」「今までの基礎化粧品ってなんだったの?」が多いです。それでは基礎化粧品とオールインワンジェルを比べてみた場合のメリットとデメリットの他に役割などからも検討してみたいと思います。

ある専門家の意見では基礎化粧品には特有の効果が認められるというものがあります。コレが何を意味しているのかというと単一の基礎化粧品でのそれぞれの役目が特有なのです。もっと具体的には例えると化粧水の役目は次の工程である乳液の浸透性を補助する役目もになっている点にあります。化粧水はお肌に水分を与えてあげる重要な役目の他にも角質層を柔軟にさせることで次の工程で使用する乳液の浸透率を補助してあげる事ができます。

このようなことから絶対にオールインワンジェルの方が良いというわけではありません。それぞれの化粧品には独自のメリットデメリットがあります。

楽にできるだけじゃない?オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルの最大のメリットはやはり「簡単にスキンケアができる」ことでしょう。通常の基礎化粧品の場合は化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックなどのように4工程から5工程があります。一方オールインワンジェルならばこれらの工程を1回で済ますことができます。短時間でスキンケアが済んでしまうので時間に余裕が持てるようになります。

工程が1つで済むと言うことはそれだけ他の基礎化粧品を購入しなくても良いということです。つまり基礎化粧品の代金が浮くのでお金を節約できます。

1工程で済むと言うことはお肌に触れる回数が減ることからお肌への負担が減ります。スキンケアと言っても何回もお肌に触れているのはそれだけ負担になっています。

すべてがコレ1つだけでできるわけではない?オールインワンジェルのデメリット

オールインワンジェルならば何でもできるわけではないというのは冒頭でご紹介しましたがその商品を使用していて合わない場合何が良くなかったのかが分からくなってしまうのがデメリットです。

複数の基礎化粧品を使用している場合であれば「あの化粧水がよくなかったのかな?」というように推測できますがオールインワンジェルの場合はこの限りではありません。

使えるの?使えないの?オールインワンジェル まとめ

基礎化粧品とオールインワンジェルそれぞれの特性を理解することが一番です。現在市販されている商品は目的に応じて多くの種類がありますのでまずは何をしたいのかを決めた後に選んでみることが必要です。

関連 シミ、しわ、くすみ、たるみにおすすめなオールインワンジェル

Comments are closed.